2012年5月15日火曜日

Dropboxに入れた写真が自動的にFacebookへ



Wappwolfは、DropboxやGoogle Driveのフォルダの中を監視し、指定したタイプのファイルが存在していたら特定の処理を実行します。例えば、Dropbox/Google Driveの「New Photos」というフォルダに新しいJPEGファイルがインポートされると、Wappwolfはそれを感知して自動的にファイルサイズを縮小したり、テキストを追加したりしてくれます。処理が完了するとDropbox/Google Driveの中に「processed」というフォルダが作られ、処理済みのファイルがその中に保存されます。